白色ワセリンの副作用

白色ワセリンの成分、赤ちゃん・子供のアトピー性皮膚炎のワセリン軟膏の注意点の解説。

白色ワセリンの副作用・使い方の解説

 ワセリンなびでは、白色ワセリンの
●効果及び作用
●副作用・副反応症状
●薬の価格(薬価)
●使用の注意点
 及び成分に関する基礎知識を中心に解説をしております。

 ワセリンは「アトピー性皮膚炎」などに代表される皮膚の疾患や乾燥肌の対策用品として広く知られている成分の一つです。

 軟膏タイプの製品や、リップクリーム、スキンケア商品などの成分表を見ても様々な製品にワセリンが含まれていることに気付きます。

 有名なところでは「ビオレ」などの薬用入浴剤や「メンソレータム」などにもワセリンは含有されております。

 一度このような保湿効果を期待する製品を手にした際には、成分表示を確認してみましょう。

 おそらくワセリンが基剤として含有されているはずです。

 保湿効果をもたらす多くの製品にワセリンが含有されていることからも、ワセリンは我々の生活に密接に関係している成分とも言えます。

白色ワセリンは乾燥肌を守る保護材

 白色ワセリンは、原材料である石油から精製されたワセリンから不純物を取り除いた上で製品化されている保護材です。

 特徴としては肌への強い粘着力を保持する働きをもっており乾燥から肌を守る働きをもっております。

 しかしワセリンの使用に関しては、ワセリンに含まれる成分の働きから副反応症状を発症するケースも確認されておりますので正しい知識をもって使用する事が大切です。

 当サイトでは入門者向きにワセリン軟膏の基礎知識から使用のポイント、注意点についてまとめております。

 現在ワセリンを使用し「肌荒れ」「肌の黒ずみ」などの症状にについてお悩みの方、また白色ワセリンの使用をこれから検討されている方のご参考になれば幸いです。

白色ワセリンの副作用・使い方の解説(メニュー)