白色ワセリンの副作用

白色ワセリンの成分、赤ちゃん・子供のアトピー性皮膚炎のワセリン軟膏の注意点の解説。

白色ワセリンの副作用【サイトマップ】

白色ワセリンの成分について
 白色ワセリンの原材料は、実は石油から精製されております。ワセリンの誕生の歴史は19世紀末ごろに大量に使用されていた…(続きを見る)

黄色ワセリンとは?
 白色ワセリンの精製技術の乏しかった19世紀〜20世紀初頭にかけては、主に黄色ワセリンと呼ばれる、やや不純物の混じった…(続きを見る)

白色ワセリンが広く普及した要因
 白色ワセリンの大きな普及の最大の要因は、副作用症状が少ないという、医薬品としての安定性が大きな要因…(続きを見る)

赤ちゃん・子供のワセリンの使用について
 白色ワセリンは、赤ちゃんや子供に使用する事も可能です。赤ちゃんや子供に白色ワセリンを使用した場合においても、白色ワセリン単独…(続きを見る)

赤ちゃん・子供の副反応症状について
 白色ワセリンによる皮膚の赤み、皮膚の発疹症状は、非常に肌が敏感な赤ちゃんや子供に発生するケースが多くあります…(続きを見る)

赤ちゃんの皮膚の赤み・発疹の原因
 アトピー性皮膚炎の持病を持っている敏感肌の赤ちゃんの場合は、この極めて微量の不純物にも肌が過剰に反応し軽い炎症症状を発症…(続きを見る)

入浴時・入浴後の痒み症状について
 アトピー性皮膚炎の子供がご家庭に居る方の場合は、お風呂のお湯に浸かる際に体の痒みを訴えてきたり、入浴後の体がほてっている時…(続きを見る)

白色ワセリンの使用の注意点について
 白色ワセリンを使用する際の注意点としては、まず白色ワセリン使用時の外出時の皮膚の露出があげられます…(続きを見る)

紫外線対策の重要性について
 白色ワセリンを皮膚に塗りつけた状態で強い紫外線を受け続けると油焼け症状を発症することがあります。油焼けをおこすと…(続きを見る)

白色ワセリンの上手な使い方
 白色ワセリンは軟膏材ですから皮膚に塗りつける形で使用します。この際、「塗る」という感覚よりも皮膚に「乗せる」という感覚で使用するのが上手な使い方…(続きを見る)

顔にワセリンを使用する際の注意点
 女性であれば顔の保湿目的でワセリン軟膏を使用する場合も多いかと思います。この場合、まずしっかりと洗顔を行い、美容液や化粧水などで顔の皮膚…(続きを見る)

アトピーのお薬も要注意
 アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患で皮膚科を受診した場合、微量のステロイドを含むステロイド含有軟膏を処方されるケースが多く…(続きを見る)

サリチル酸ワセリン軟膏について
 サリチル酸ワセリン軟膏とは、その主成分にワセリン加えてサリチル酸と呼ばれる成分を配合した軟膏…(続きを見る)

ケミカルピーリングで使用されるサリチル酸
 ケミカルピーリングとは、皮膚に蓄積した古い角質を薬剤を使用して剥がし皮膚の新陳代謝を促進させる施法…(続きを見る)

サリチル酸ワセリン軟膏の使用目的
 サリチル酸ワセリン軟膏の使用の目的は、アトピー性皮膚炎などで、肌が強く硬化してしまった部分に局所的に使用するケース…(続きを見る)

ワセリンの価格(薬価)について
 薬価(保険薬価とも呼ばれます)とは、病院や薬局で処方される薬1錠に対する価格の事を指します。薬価は健康保険制度のもと…(続きを見る)

白色ワセリンの販売店について
 近年大型のドラッグストアが急激に増えてきております。白色ワセリンはこれらのドラッグストアでも販売…(続きを見る)

白色ワセリンはドラッグストアで現物確認を
 写真は白色ワセリンから不純物を更に取り除いた「プロペト」と呼ばれる製品の実際の写真…(続きを見る)

サリチル酸ワセリン軟膏の販売会社(製薬会社)
 製薬会社とは、基本的に薬の開発、販売を行うメーカーの事です。メーカーは安全性の高い薬を一般市場に供給…(続きを見る)

太陽の紫外線の影響について
 白色ワセリンは、不純物が比較的少ないワセリンです。しかし、精製段階において、「微量」の不純物が残ってしまうという欠点があります。敏感肌の方の場合…(続きを見る)

ワセリンの副作用症状一覧表
 ワセリンの副作用について、再度重要なポイントをおさらいしましょう。ワセリンの使用に関して特に注意すべきポイントとしては、何よりも紫外線…(続きを見る)

運転中・長時間ドライブ時の紫外線対策の重要性
 また、意外と紫外線対策が軽視されがちなケースとしては運転中、特に長時間のドライブなどがあります。自動車の中は快適であっても、やはり紫外線はガラス越しに腕や首…(続きを見る)

白色ワセリンの副作用の注意点
 白色ワセリンはその主原料として、石油から抽出された成分による医薬品です。ワセリンは石油から得た結晶成分である半固体炭化水素の混合物を精製し不純物…(続きを見る)