白色ワセリンの副作用

白色ワセリンの成分、赤ちゃん・子供のアトピー性皮膚炎のワセリン軟膏の注意点の解説。

【唇の荒れ・乾燥対策・白色ワセリンの使い方】

唇の荒れ・乾燥対策

 秋から冬、春先にかけて唇が乾燥しやすい季節になると市販されているリップクリームで唇の乾燥対策を行っている方は多いと思います。

 有名なところではメンソレータムなどのリップクリームがありますが、成分表を確認してみるとこれらの製品にはほぼ確実にワセリンが主成分として記載されております。

 ワセリンは多くのスキンケア製品や化粧品の基材として使用されておりますが、これはワセリンが皮膚内からの水分の蒸発を抑制する保湿効果がある為です。

【参照記事】
白色ワセリンの使用経験のある方はご存知の通りワセリンを含有する製品の多くはやや肌にべとつく感覚があり、この密着感も保湿効果…
⇒ワセリンを含む身近な製品

 特に冬場の唇の荒れは乾燥しやすい体質の方の場合、乾燥し荒れてきた後に唇がひび割れたように細かく裂けて来る場合もありますのでこまめなケアが重要になります。

唇への白色ワセリンの使い方

 唇に白色ワセリンを使用する場合は、基本的には市販されているリップクリームなどで十分対応が可能です。

 また、ドラッグストアなどで販売されている白色ワセリンを直接使用する場合は、ひび割れなどの症状が発症し悪化してしまう前に予防対策として使用することをお勧めします。

 これは白色ワセリンは保湿剤としての効果は期待できますが、抗炎症剤としての作用は働かないためです。

唇が荒れている時のワセリン使用の注意点

 既に唇の荒れが悪化している状態では、念のため皮膚科を受診し一時的に炎症を抑えるステロイド剤等を使用した方が結果的に早期症状の改善が図れる場合もありますので医師に相談してみると良いでしょう。

 尚、保湿効果を高めるために白色ワセリンを大量に唇に塗っても少量使用した場合と効果はほとんど変わりありません。

【参照記事】
白色ワセリンは軟膏材ですから皮膚に塗りつける形で使用します。この際、「塗る」という感覚よりも皮膚に「乗せる」という感覚…
⇒白色ワセリンの上手な使い方

 白色ワセリンで保湿を行う場合は、前述したように量よりも回数、こまめにケアを行う事が基本です。

 唇の乾燥対策は
●唇に軽く乗せるように薄く伸ばして塗る
●1日数回こまめにワセリンを塗る
 この2点を意識して唇の乾燥対策を行う意識を持つ事が大切になります。